参加無料・オンライン
石綿法令対策
スタートアップセミナー
2022

2022年4月より解体・リフォーム工事に際して、
石綿事前調査結果の電子報告が義務化されます。
本セミナーでは、電子報告始め必須書類の追加など
実務に影響のある石綿法改正とその対応を解説。
「結局4月から何をすればいいの?」
という疑問に60分でお答えします。

開催日
 3/2水 3/7月  3/10  ※受付は終了いたしました。
時間
 各日13:00~14:00

ご存知ですか?

  • 2020年の大気汚染防止法及び労働安全衛生法石綿障害予防規則の改正を受け、今年4月より解体・リフォーム工事(※1)における事前調査結果の電子報告の義務化(※2)がスタートします。
  • 電子報告以外にも、レベル3石綿での作業計画・作業完了報告の義務化、各種書類の保存義務の追加など、解体・リフォーム工事に携わる事業者にとって対応必須の改正が多数行われています。
  • 2023年10月より事前調査に際して建築物石綿含有建材調査者の資格が原則必須になるなど、今後もさらなる規制強化が予定されています。
  • ※1 解体面積80㎡以上の解体工事及び請負金額100万円以上のリフォーム工事が対象。
  • ※2 未報告または虚偽報告の場合、30万円以下の罰金あり。
  • 本セミナーでは、解体・リフォーム業者様の
    「結局4月から何をすればいいの?」という疑問にお答えします!

  • 電子報告以外にも、レベル3石綿での作業計画・作業完了報告の義務化、各種書類の保存義務の追加など、解体・リフォーム工事に携わる事業者にとって対応必須の改正が多数行われています。

セミナーのポイント

  • 実務重視の内容
    建築物石綿含有建材調査者の資格を持つ講師が、実務面で必要な対応にフォーカスして解説します。
  • ポイントを厳選
    『60分間』で4月からやるべきこと、事前に準備することをお伝えします。
    電子報告の準備の第一歩として最適です。
  • 電子報告以外もカバー
    電子報告以外にも、写真による作業記録や施主への書面での完了報告など、解体・リフォーム工事における石綿関連の重要な法改正をピックアップしてお伝えします。
  • ポイントを厳選
    『60分間』で4月からやるべきこと、事前に準備することをお伝えします。
    電子報告の準備の第一歩として最適です。

開催概要

日時 ①3/2(水) ②3/7(月) ③3/10(木) ※受付は終了いたしました。
各日 13:00~14:00 (60分間)
定員 各回 500名
開催形式 オンラインセミナー(Zoom)
参加費 無料 ※1社あたり3名まで。
お申し込み方法 当ページの予約ボタンよりご希望の日付をクリックし、お申し込みください。
申込締切 開催日の前日午前中まで。
※定員に達した場合、早目に締め切らせていただきます。
開催形式 オンラインセミナー(Zoom)

予約ページ

ご希望の日付のボタンをクリックすると、Zoomの登録ページに移動します。
登録ページにて氏名・メールアドレス等の必要事項を記入していただき、登録をしていただくと、申し込み完了となります。

セミナーを受講したあとは…?

石綿・産廃の管理が手軽に行える!

UNI-PORT

リフォーム工事・解体工事に必須の石綿管理と産業廃棄物管理の効率化を一度に実現しました。
使いやすさ、現場での撮影・登録・クラウド保存、安心の法令遵守のシステムにて、煩雑な帳票の作成や電子マニフェストの発行を丁寧にサポートいたします!
石綿管理のみ、石綿と産廃の両方とも管理など、ニーズに合わせたプランでご提供しております。
石綿含有建材調査者の資格が欲しい!

一般建築物石綿含有建材調査者講習

2023年10月より、事前調査における調査者の資格は必須になります。
「近隣の地域で開催しているだろうか?」「参加できる日程はあるのか?」
CERSIではそんな皆様のご要望にお応えすべく、全国各地で講習会を多数実施しております!
まずは特設サイトをご覧ください。

お問合せ

ご不明点・ご質問がございましたらメールにてお気軽にお問い合わせください。
個人情報保護方針(プライバシーポリシー)をお読みの上、同意して送信して下さい。
個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

一般社団法人企業環境リスク解決機構(以下、当機構)では、個人情報の保護の重要性に鑑み、個人情報の保護に関する法律その他関係法令等の定めに従って個人情報を厳格に取扱うこととし、個人情報の取扱いに関し、以下のような基本方針を定めます。

1. 個人情報の取得について当機構は、あらゆる個人情報について、適切かつ公正な手段によって取得します。


2. 個人情報の利用について
(1)当機構は、個人情報を取得の際に示した利用目的の範囲内において、事業遂行上必要な場合に限り利用します。
(2)当機構は、個人情報を第三者との間で共同利用し、又は個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者について厳 正な調査を行った上、個人情報の安全管理保持のため必要かつ適正な監督を行います。


3. 個人情報の第三者提供について 当機構は、法令に定めがある場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。


4. 個人情報の管理について
(1)当機構は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
(2)当機構は、個人情報を適切な方法で管理し、漏えい、滅失又はき損等を防止するための措置を講じます。


5. 個人情報の開示、訂正について当機構は、本人から自己の個人情報の開示、訂正の請求があった場合には、その請求が本人からのものであると確認できた場合に限り、開示、訂正の手続きを行います。


6. 個人情報保護に関する組織体制について
(1)当機構は、理事長を個人情報管理の統括責任者として任命し、個人情報の適正な管理を実施します。
(2)当機構は、職員等に対し、個人情報の保護及び適正な管理方法についての研修を実施し、日常業務における個人情報の適正な取扱いを徹底します。